池谷式特製野菜ジュースの作り方

こんにちは、元気で長生きしたいフーばぁばです。TVで話題の健康生活や、暮らしに役立つ情報をメモっています。

食生活

テレビの「林修の今でしょ!」で、池谷敏郎先生が朝食で飲んでいる野菜ジュースにアマニ油を入れていると紹介されていました。

亜麻仁油のα-リノレン酸には、中性脂肪を減らし動脈硬化を予防する効果や血栓が出来るのを防ぎ血流を改善する効果があるそうです。

ただし、1日による分量は小さじ1杯まで。なぜなら油は高カロリーで、取り過ぎてカロリー過多になってしまえば元も子もないからです。

我が家の簡単野菜ジュース

ニンジン         1/2本
リンゴ濃縮100%ジュース 50ml
ポッカレモン       大さじ1
亜麻仁油         小さじ1/2
リンゴ濃縮100%ジュースや愛媛のポンジュースで、週に2、3回作ります。

池谷式、亜麻仁油入り野菜ジュース

ニンジン    2本
リンゴ(大) 1/4個
レモン    1/2個
亜麻仁油    小さじ1
池谷先生によると、素材の栄養をムダなくとるにはジューサーがいいそうです。
<作り方>
  1. ニンジン、リンゴ、レモンを小さく切り分けジューサーにかける。
  2. コップ1杯につき亜麻仁油を(小さじ1/2~1杯)入れたら出来上がり。

池谷式、朝ジュース

ニンジン  1/2本
リンゴ   1/2個
レモン   1/3個
しょうが   5g
水     50cc
亜麻仁油  小さじ1

足上げ運動

  1. 浅く椅子に腰掛けて、背中を背もたれに当てる。
  2. 1分程度足を浮かせる。

ちょっとした運動でも脂肪は燃焼されるので、この程度の運動でも効果があるそうです。

↓参考にした書籍はこちら

池谷 敏郎著書。テレビ番組『世界一受けたい授業』をはじめ『はなまるマーケット』『カラダのキモチ』『これが世界のスーパードクター』などに出演。

この本の中では、血管を強くするための食事方法や食べ物・飲み物がたくさん紹介されています。

朝、特製野菜ジュースを飲むだけで、ビタミンA・B・Cをはじめ、カリウム・鉄・リンなどのミネラルや食物繊維やポリフェノールを摂取でき、朝のスタートには十分な栄養素が取れるそうです。

かかと上げ下げ運動

  1. 腰幅に脚を開きます。
  2. かかとを上下させる運動を1分。
  3. 最初は2秒くらいで上げ下げする。様子を見ながら、かかとをあげる時間を3秒、5秒とかに増やしています。(お尻を締めると、静止しやすくなります。呼吸は止めずに。)

↓参考にした書籍はこちら


愛媛大学病院教授(抗加齢・予防医療センター長)伊賀瀬 道也著書

ふくらはぎには下半身の血流を促す働きがあるために、第二の心臓と呼ばれています。

ふくらはぎは、体内でも毛細血管が多く張り巡らされている部分です。ふくらはぎの筋肉が乳搾りのような動きで伸縮することで、身体の下から上へと血液が動くことができるんです。

1日8,000歩を目標に

最近の研究では、1日当たりの歩数と中強度の歩行時間で予防できる可能性のある病気や病態の関係が報告されており、高血圧症や糖尿病、脂質異常症、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病を予防するのに有効である歩行は「1日8,000歩、そのうち中強度の歩行が20分」が適切な身体活動量とされています。やみくもにただ歩数を多くすることが健康によいのではなく、中強度で行う身体活動の割合が日常生活で多い方が健康によいといわれています

↓参考にしたサイトはこちら

健康長寿ネット・健康長寿に効果的なウォーキングより

タイトルとURLをコピーしました